くららたんが、幼稚園の年長組の時から続けている公文。


現在、国語はI 教材、算数はF 教材を学習中だ。


これまで比較的スムーズに進んできた公文だが、I教材に入ってから、間違いがチラホラ出てきたことは、以前にも述べた。


その間違いの過半を占めているのが、小さな〼に書いた漢字が正解なのかどうかが判別できないというもの…(;`・ω・´)


くららたんはまだ低学年であるが故に、小さな〼の中にそれなりの画数の漢字を書くことが難しいのだ。


「日」なのか「目」なのか判別できないから❌だとか、点と線がくっ付いてしまっているので❌だとか。。。(;A;)


大人であるくららmamaが同じ条件で試しても、尖りに尖った鉛筆で丁寧に書いて、ようやく判別できる字が書けるほどだ!!!(o・ω・o)


「このままそんな理由で❌を付けられ続けると、先に進めなくなる!」。


時間が無駄になることを恐れたくららmamaは、公文の先生に相談してみた。


「漢字のページでなければ、抜き出した場所や内容さえ正確であれば、〇を付けることも可能。そこのところは、親御さんの希望に合わせることにしている」とのこと。


公文の考え方が、思いのほか融通が効くものだったことに驚愕!!!Σ(゚д゚;)


ならば、ということで「I教材までに出てきた漢字を間違えて書いたら、❌にしても可。習っていない漢字(横にフリガナがついている)は、書き間違えても❌にしないように!」と要求しておいた!( ˘ •ω• ˘ )



また、「そろそろシャーペンを使いましょう」とのアドバイスをいただいたので、くららたんとシャーペン✏︎を買いにいった。


ひとしきり悩んで、くららたんがチョイスしたのは、振れば自動的に芯が出てくるような最新式のものではなく、至ってノーマルなピンクのシャーペンだった!!⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*


わかるよ~、わかる!!


くららmamaも、定番商品を選んじゃうタイプだから。


カップ麺も「きつねどん兵衛」じゃなく「赤いきつね」を選び抜くタイプだから!( ^ω^ )


というわけで、同学年の皆よりも少し早めにシャーペンデビューを果たしたくららたんであった!!(`・ω・´)

1569630106499


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←くららたんに応援のクリックをお願いします!