たまに訪れる、公立小学校のママ友とのランチ🍚∥(*゚~゚*)モグ モグ


正直なところ、あまり乗り気ではないのだが、小学校生活を波風を立たせずに乗り切るため、いそいそと出掛けるくららmama。

(こういうところは、我ながら酷く小市民的だと思う( ; ˘•ω・):)


公立小のママ友と会う時は、まず服装に細心の注意を払わなければならない!!(`・ω・ ´ )


ナショナルフラッグキャリア勤務時代の同期との食事会では、身分証のように皆が当たり前に身に付けているフォクシー、HERMES、バーキンといったブランド品は、全くもってご法度だ!!!!(o・ω・o)ノ゙


くららmamaも、周りから浮かないよう、Theoryのシャツ&パンツとPRADAのバッグで、カジュアルに仕上げることにしている。


小2の子持ちともなれば、よほどアンテナが鈍くない限り、ママ友のご主人の職業等は互いに把握しているw


親しい仲だと、ママの学歴や職歴、他の兄弟の進学先なども熟知しているほどだ!


当然、くららmamaの家族の事情も、大抵のママ友達にとっては周知の事実。


食事会の場では、あらゆる角度から質問の矢が飛んでくることになる!!!(*`・ω・)ノ⌒Σ>―→*:・゚*  Σ>―(´・ω・`)→ グサッ


ポピュラーなのが「くららたんはずば抜けて勉強ができるけど、一体どんな勉強させてるの?」「塾は、どこに行ってるの?」といった類の質問だ。


この手の質問には、貴婦人のように無毒な笑みを湛えながら「公文だけかなー」などと返しておけばOK!!(*´ 艸`)


殊更ウザいのが、「くららたんパパは東大卒だから、当然、中学受験させるんでしょ。同じ塾に入れて、くららたんと切磋琢磨させたいから、これからどの塾に通うつもりなのか教えて!w(´,,•﹃ •,,`) 」


といった、お誘いの類だ。


公立小のお友達と連れ立って入塾しても、百害あって一利なし。


くららmamaが見てきた中で、友情が受験をアシストしてくれるパターンは、学力が同程度で、かつ、同じ中学を目指す、いわゆる「学校別クラス」において友情が芽生えたパターンのみ!(`°ω°´)


むしろ、学力に埋められない格差があれば、同じ塾に入っても属するクラスが違ってしまい、嫉妬がこれまでに培った友情を崩壊させてしまうだけだ。


くららたんのせいで、相手の子供がコンプに塗れるのは、さすがに、相手の子供にとっても、ママにとっても、気の毒だ…〇rz


くららたんが小4になる1年半後に、どの塾に入れるのか…


それは熟考を要する事項であり、軽々しく決めるつもりはないが、その時には、さすがに、隠し通せないだろう。一部のママ友には、どの塾に通うことにしたのかが、バレてしまうはずだ!!(´;ω;`)


そんなことを今から想像するだけで、ブルーな気分に陥るくららmamaなのだった…

1569509387006


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←くららたんに応援のクリックをお願いします!