2024年中学受験!ひとり娘くららのドタバタ奮闘記

ひとり娘くららたんの受験を心の底から応援するブログです。目指せ、偏差値70オーバー!目指せ、女子御三家!!

2019年12月

楽しかった家族旅行が終わり、今日、これからオットの実家へ…٩(¨ )ว=͟͟͞͞


義実家への手土産として、ワインと日本酒を1本ずつ、スモークサーモンをデパートで購入している。


さらに「手作りのものはないのねw」


と非難されぬよう、ローストビーフとキャロットラペを、せっせと作る、良妻くららmama!!!!!ヽ(´ー`)ノ


さらにさらに、従姉妹の大学生の女の子(2人)のために、


お年玉を5万円ずつ新札で2人分用意!(`・ω・´)


筆ペンで「充実した1年になりますように」と書き書きまで認める念の入れようだ(*´ー`*)


最後に、エプロンを2枚荷物の一番上に入れて、準備完了。


今年は、兄嫁は子供を連れてこないそうだ( ̄▽+ ̄*)


元旦のみに来るようなので、お年玉は高卒の兄嫁に渡すことになるのだろう。


既婚女性のみなさま、これから来たるべき試練のとき。


頑張りましょう!!!( ー`дー´)


当然ながら、小学2年生のくららたんのお勉強は…お休み!ヾ(:3ヾ∠)_


まあ、来年から頑張ればいいかw


1577754203836


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←来年もよろしくクリックをお願いします!( ˶´⚰︎`˵ )

明日から、義理実家(義実家)訪問前の束の間の休息…(:3_ヽ)_


家族旅行へGO!(*´ω`*)


というわけで、昨日は丸一日かけて、くららたんと一緒に旅行の準備をした。今日も、これから準備の続きを行うつもりだ!!!


旅行というものは、


「お洋服は、これでいいか?」
「カードゲームはしたいので、トランプは必要か?」


などと、あれこれ想像を巡らせながら準備している時が、一番楽しいものだ。


これが、


「義実家」への訪問になった瞬間、


「義母や例の兄嫁(senior high school卒)からいびられた時に備え、胃薬を用意しておかなければ…」
「時間を潰すとき用の本も何冊か用意しておかなきゃ…」


となり、同じ準備であっても、その心持ちは全く違うのだが…(ノД`)


…などと、旅行から戻ってきた後に待ち受ける義実家詣での準備のことに思いを馳せ、ブルーな心境に陥るくららmamaを尻目に、


旅行準備を遂行するくららたんは、終始ハイテンションだった!!!ヾ(●´∇`●)ノ


大量の工作材料、書物、手芸の材料、チェキ(子供用のインスタントカメラ)など、


まるで、これから留学に行くのではないかと思わんばかりの大量の荷物をカバンに詰め込んでいた。


ちなみに、そこに勉強関係の道具は一切なかったw


まあ、良い(笑)


この4日間は、くららmamaも一緒に、思い存分羽を伸ばしてくるつもりだ。


貴重な低学年の休みなのだから!👜

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←沖縄でのんびりするくららmama親子に、応援のクリックをお願いします!ヽ(´ー`)ノ

さて、今回はくららmamaではなく、くららたんが主役となるお話。


先日、2度目の『早稲アカ』面談に行ってきた!


今回も、くららmamaは、困ったときのフォクシー頼みw


全身、フォクシーでゴリゴリに固め、バッグは、Ferragamoというコーディネート!!( *¯ ꒳¯*)✨


やはり、アラフィフともなれば、コンサバ系のコーディネートが一番、落ち着くものなのだ…(*´ω`*)


面談では、くららたんの普段の授業での様子を確認したり、現時点で不安に思うことを聞いてもらったり。


ちなみに、面談を受ける前に、やや時期尚早気味ではあるものの、


志望校の調査書の提出もあったため、現時点におけるくららたんの志望校を『第3志望』まで申告している!(。・`ω・´)


国語については、改めて言うまでもないことだが、申し分なし.。.:*・'(*°∇°*)'・*:.。.


くららmamaが不安感を抱いている算数についても、


「今の時点では、『早稲アカ』の教材をしっかり理解していけば十分!」


との答えだ。


くららmamaとしては「それで、ホンマに大丈夫かいな(-ω-?)」


と思うと同時に、塾側の意識(心構え)として、それくらい自塾の教材に自信を持ってもらわければ困る!


といった心境。


また、


「まだ小2の段階で、志望校についてあれこれ相談するのは、全く意味がないのではないか?」


と、くららmama自身は思うのだが、塾としては一応、希望を把握しておきたいのだろうか。


志望校についても、少し話した!( ∵)(∵ )


第1志望校の算数は、他の中学のそれとは一線を画した難易度を誇っているらしい。


確かに以前、くららmamaが、書店で「赤本」をパラパラとめくってみた時に抱いた印象も、塾側の見解と同じものだった!((((;゚Д゚))))


が、今の段階で不安感を募らせたところで、全く意味がない。


「出来ることを、コツコツと頑張っていくだけだ!( • ̀ω•́ )」と、自分自身に言い聞かせた。


くららたんの地頭の良さを心の支えにし、母と子の二人三脚で、一歩一歩、歩みを進めていく。


その歩みの蓄積が、必ずや、第1志望校の合格へと繋がるだろう。


1577279145163


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←高き山に果敢に挑むくららmamaとくららたんに、応援のクリックをお願いします!( ̄▽+ ̄*)

皆さまは、R1という商品をご存知だろうか。


meijiから発売されている、乳酸菌飲料だ。


「飲むヨーグルト」と言えば、分かりやすいかもしれない。


今までも、スーパーでよく見掛けていたが、正直、それほど、そそられることはなかった…。


が、耳より情報を手に入れたことで、1週間分を大人買い(っ´ω`c)


ひとり1本ずつなので、3人×7日間=21本だ!


さて、「耳より情報」というのは、以下のとおりだ。


先日、今年の3月に子供のお受験を終えたママ友とスーパーで偶然会い立ち話をしたところ、


カゴに放り込まれた大量の「R1」が、目に飛び込んできた!!!!!


「R1、今凄まじい人気よね!」


と、不意に口を突いて出たくららmamaの発言に、そのママ友はこう応じた。


「我が家が受験を無事に終えられたのは、R1のおかげだったからねっ!(´>ω∂`)」。


誇張ではなく、R1に足を向けて眠れないほど…だそうだ。


聞けば、


毎年、家族の中の誰かがノロウイルスに罹り、その後、ドミノが倒れるように、家族全員がノロに感染。


それがすっかり恒例と化していた、ママ友一家。


が、子供の受験を目前に控えた今年ばかりは、ノロウイルスに感染するわけにはいかない。


そこで、藁をもすがる思いで、


父親を除いた全員が、一日1本のR1の飲用を敢行したところ、


父親がノロウイルスに感染しても、他の家族には全く移らなかったのだという٩( 'ω' )و


「うふふ、これはズバンと効くわよ!( ̄▽ ̄)」


この話を聞いて、他人の影響を受けやすいくららmama。


早速、試してみることにした( ̄▽+ ̄*)


来年は、家族の誰もが、ノロウイルスに罹りませんように!(-人-)


1577024043045


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←家族の健康維持に奮闘するくららmamaに、応援のクリックをお願いします!

少し時間があったので、中学受験ブログの分析をしてみた。


すると、とある傾向性が見えてきた!!( ー`дー´)


くららmamaが愛読しているブログをはじめ、相当数の受験生は、


朝早くに起床し、朝勉をしてから学校に登校する


という生活を送っているようだ。


皆さん、実に規則正しく、コツコツと学びの時間を重ねている!!!( ; ˘•ω・):


もちろん、


その生活を支えているのは、子供より更に早い時間に起床し、お部屋の温度を暖めたり、教材の準備をする親の存在。


それは、想像に難くない。


全く、頭が下がる思いである!○| ̄|_


人一倍、周りの動向に感化されやすい、くららmama。


「我が家でも試してみよう」と早速、朝型生活にチャレンジしてみた!!!!!


その結果…


ものの3日間ほどで、くららmama一家に朝型生活は全くもって不向きであることが判明!ミヽ(´・ω・)ノ


まず、主役であるくららたん本人。


朝は中々エンジンが掛からず、時間の割に勉強が全く進まない!🐢


まるで亀のようにスローモーな所作。


単純作業の繰り返しである公文の教材でさえ、中途半端なところで終わってしまう始末。


次に、くららたんを支えるべき存在であるはずのくららmama。


午睡が必要な身体になってしまったwwwヾ(:3ヾ∠)_


さらに、オットは、従来のタイムテーブルの維持を頑なに希望!!


気持ち良さそうに惰眠を貪るオットの姿を見ると、理不尽な思いにとらわれ、くららmamaの士気も大きく低下!


数々の問題が勃発したのだ!!!(。・ˇдˇ・。)


というわけで、絵に描いたような三日坊主で終了してしまった。


これは、あかん…w


ということで、今後高学年になり、気持ちに変化があるかもしれないが、現段階では、夜型生活を継続することに決めた次第だ。


ごめんね、くららたん!


自らの不甲斐なさを、心の中で詫び倒す、くららmamaであった…○| ̄|_=3


1576764022551


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←不甲斐ないくららmamaに、叱咤のクリックをお願いします!

2019年の『早稲アカ』の講習も、無事に全て終了!(´∀`)


くららたんは、冬期講習には参加しないため、次回の講習は、年が明けてからとなる。


が、そんな「ほっとひと息」ムードに水を差す出来事が!( ー`дー´)


早速、年明け早々に開催される「内部テスト」の案内を頂戴したのだ!!!!!(∩´。•ω•)⊃


「決して遊び呆けることのないよう、年末年始も勉学に励みなさい!」


という塾側からのメッセージなのか!?…( ゚д゚)


まあ、


何かとモチベーションが下がりがちな小学校低学年の受験生にとっては、


こうやって定期的にテストが行われ、その度に結果(偏差値)を突き付けてくれることは、考えようによっては有難いことなのかもしれないw


が、それでキリッと身を引きしめたのは、くららmamaだけだったようだ( ´_ゝ`)


くららたんは、これから始まる怒涛のスケジュールでアタマが一杯の模様。


お友達との忘年会、クリスマス、冬休みの家族旅行、お正月など、ぎっしりと行事が書き記されたスケジュール帳をニヤニヤと眺めながら、なにやら書き書きφ(・ω・`)


「クリスマス🎅🏼ディナーのリクエストを書いたから、よろしくね!( ◜ω◝ )」。


リクエストが記された紙に目を移せば、


ローストビーフ🐮、寿司🍣、アイスクリームケーキ🎂、チョコレートフォンデュ…などと、贅沢品のオンパレードだ!


おまけに、チョコレートフォンデュの後ろには( )が加えられ、イチゴ、マシュマロ、バナナ、フランスパン等と細かい具材まで指定している始末だ!!www


さらに、


「クリスマスの時は、くららがピアノのリサイタルするから、パパも早く帰ってきてね!」


と、勝手にピアノリサイタルの開催まで決定!!( ´_ゝ`)


オットは、


遅刻した場合、くららたんをゲームセンターまでエスコートし、UFOキャッチャーを5回プレイしなければならなくなったようだ!!( ¯ω¯ )


くららたんのリクエストは、まだ続いた!


「旅行やイベントがある日は、勉強はお休みね」とのこと。


こんなことで良いのかと心配にはなったものの、


受験を間近に控えた家庭の修羅場ぶりを側聞するにつけ、


「ま、のんびり出来るのは今のうちかな(笑)」


との考えもよぎり、最終的には、くららたんのリクエストを全て快諾!!(*´ω`*)


年末年始は、お勉強とお遊びのメリハリをつけて楽しむことにした、くららmama一家だった。

1576675752251


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←冬休みに心躍らせるくららたんに、愛のクリックをお願いします!

くららたんの小学校の同級生ママ友の中には、


既に上の子の中学受験が終わったという人もいて、その経験談を聞く機会も多い。


くららmamaも、先般、学校行事帰りに彼女らとお茶を啜る機会があり、しっかりと話し込んできた!!!( ー`дー´)


あるmamaの話だ。


彼女は「失敗談ならいくらでもw」などと謙遜していたが、ちゃっかりと、男子を「準」御三家と言われる学校に進学させている!┐(´д`)┌


聞けば、


「ウチは、文化祭や学校説明会の機会を見つけては、あらゆる偏差値帯の学校に行ったよ」と言う。


「どういうこと?なぜ??」


と問い質すくららmamaに、彼女は以下のように答えたꉂꉂ(ˊᗜˋ*)ʬʬ


「小4の頃は、成績が良かったので最難関校を見てまわった。

小5になり偏差値が低下し、最難関よりやや下の偏差値帯の学校を、小6に入ってから成績は更に下がり、真ん中より下の学校を網羅的に廻った」と。


結果として、


最難関から偏差値40前後に至るまで、あらゆる偏差値帯の学校を訪問したそうだ…((((;゚Д゚))))


彼女は更に続けて言う。


「でも、女の子はまだ良いよ、御三家の下にも良いとされる学校は沢山あるからね。男子は本当にないのよ…」


「今から、出来るだけ沢山の学校を見ておくといいよ( ^ω^ )」とのアドバイスをいただいた次第だ。


ちなみに、そのmamaは、

「あの時は、息子が第一志望校に合格するのなら、左手の指の1本ぐらいなくしても良いと思ってた!∑( ̄Д ̄;)」


なぜ、左手の指?(?_?)


思わず真意を確認するくららmamaに対し、


「右手は、入学手続にも、お弁当を作る際にも必要だからね!」とニヤリ( ̄ー ̄)


嗚呼、マリアナ海溝よりも深い母の慈愛がそこにはあった!!


…現時点は、笑いながら話を聞いているくららmamaだが、4年後には、


「くららたんが第1志望に合格するのなら、左指の2、3本くらい、なくなってもOK!(*'-')b 」


などと、言っているのだろうか!?((((;゚Д゚))))


「心の中で燃え上がり始めた受験への情熱を、我ながら御し切ることができるのか?」


そんな恐怖感を覚えた、くららmamaであった。

1576400203318


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←やがて到来する受験の洗礼に恐れ戦くくららmama。そんな私に愛のクリックをお願いします!!

早いもので、季節はもう冬。


くららたんが通う小学校では、恒例の面談が開催される時期となった。


この面談では毎年、これまでの学校行事の振り返り(総括)、冬休みにおける宿題についての説明、休みの期間における生活上の注意点が語られる。


そして、それらに加えて、毎回、担任が必ず説明するのが、通知表の評価の仕方についてだ!!(`・ω・´)


評価方法について簡潔に解説すると、以下のとおりである。


結論から申し上げれば、通知表の評価は、テストの点数では決めない((((;゚Д゚)))))


授業中に積極的に発言したかどうか、授業に対する関心の有無等の要素を複合的に見ながら判断するそうだ。


また、場合によっては、他の教科との兼ね合いを考慮しながら評価を決めたり(Aの教科の評価を下げたから、代わりに、教科Bの評価は上げる)、全教科であまりにも好成績を収めている場合、他の子供に高評価を譲る…といった措置まで講じるwww

というハナシだ!(゜д゜)


そんな評価をされた場合、くららたんの通知表がどのような体たらくになるかと言うと…、


天賦の才能を与えられたと言うほかない、国語ネ申くららたんの同教科の評価(小2の1学期時点)は、何と真ん中www


当たり前だが、公立小学校のテストなど全て満点であるにも関わらず…((((;゚Д゚)))))


逆に、超が付くほどの運動音痴であるにも関わらず、体育の評価も真ん中だったりするのだ!!!!!( ˶´⚰︎`˵ )


これほどまでに実態から乖離している通知表では、我が子の真の実力を判断することなど、もはや全くもって不可能だ。


よって、学校の通知表においてくららmamaが参考にしているのは、生活の様子が記された文章の部分のみとなっているw


これは、指導要領に沿った指導によるものなのだろうか、それとも、その時々の校長の方針によるものなのだろうか。


どちらにしても、今のいわゆる「公教育」の考え方は、昭和世代のくららmamaにとっては、摩訶不思議なことばかりだ。


まあ、どうでも良い些事ではあるのだが…(´・ω・`)

1576074056488


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←公教育の犠牲者、くららたんに励ましのクリックをお願いします!

本ブログをご愛読の皆様方は、『四谷大塚』が執り行う『リトルスクールオープンテスト』…なる模試をご存知だろうか。


実は、くららmama。


恥ずかしながら、11月(先月)、四谷大塚の校舎で統一テストを受験するまで、その存在を全く存じ上げなかった!(//∇//)


その存在を知った後、慌てて『リトルスクールオープンテスト』の位置付け等を調べてみたところ、


この模擬試験は『四谷大塚』の通塾生及び中学受験を目指す他塾の生徒を対象としている模様。


『早稲アカ』における『キッズチャレンジテスト』と同等の位置付けを担う試験のようだ!!!(`・ω・´)


つまり、リトルスクール(四谷大塚の低学年のクラス)が受験する模試の中では、最も難易度が高い「エリート」たちのための試験ということ。


受験生の能力も粒ぞろいであるため、一般的な模試である『統一テスト』と比較して、偏差値が5~10ほど、低く出る。


…まさにネ申童たちの祭典!


それが『リトルスクールオープンテスト』なのだ。


この試験がネ申童たちの闘いの場である以上、同じくネ申童であるくららたんにも、参加資格は十分にある!( ー`дー´)


一体、そんな子供たちの中でくららたんの順位はどの程度になるのか。


くららmama親子も早速、闘いの場へと馳せ参じることにした!!!(゚д゚)


結果は、以下のとおりとなった!!!!


国語に関しては、試験終了直後の時点で「早稲アカより簡単だった。10分以上、時間が余って暇だったよ!」と宣っていたが、その言葉とどおりの結果。


100点だった。もちろん、順位は1位💯💮( ¯ω¯ )


課題の算数の方はと言えば、偏差値55。


『統一テスト』よりは、偏差値が高くなった(´<_` )


『四谷大塚』に通塾するくららたんのお友達は、

「統一テストより偏差値が8も下がった〜!( ´;゚;ё;゚;)」と言っていたので、中々奮闘した方なのかも知れない。


「慣れれば出来るようになる」と、『早稲アカ』の講師が仰っていたとおり、くららたんも、算数の試験というものが分かってきたのかも…(*´ω`*)


だとすれば、かなり嬉しいことだ!!


前回の模試と今回の模試。


同時期に受けた2つの模試の内容を分析してみた。


共通点が見えてきた!!!!!ミヽ(´・ω・)ノ


算数は、ラスボス(最後の問題)の正答率数%の設問には正解している。


が他方、立体図形の問題は、それが簡単な内容であったとしても、必ず間違えているのだ((((;゚Д゚))))


塾講師時代の記憶を辿ると、女子校の算数には立体図形の問題はあまり出題されなかったような気がするのだが…。


それとも、今は時代が変わり、男子校も顔負けの立体図形の難問が出題されるようになっているのか…。


だとすれば、克服しなければならない!何としても!!( ー`дー´)

「くららたんを立体図形問題のマスターにするぞ!」


そう硬く心に誓った、くららmamaだった。

1575883990636


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→頑張り屋のくららたんに、応援のクリックをお願いします!

くららmamaの月に一度のお楽しみ((o(。>ω<。)o))である
「美容女王の日」。


くららmama個人としては、毎日、この「美容女王の日」を心待ちにしながら、家事と育児を頑張っている。


そう断じても過言ではないほど楽しみにしている日だ!(´▽`)


独身時代は、暇さえあればエステやマッサージなどに通い、自分磨きに手間ひまをかけることができた。


当たり前のことだが、結婚してからはそうはいかない。


徐々に回数が減り、くららたんが生まれてからの数年間は、母乳が詰まった時に、焦って乳腺マッサージに行くのみ!!


振り返れば、優雅さとは程遠い日々を過ごしてきた…(´ω`)


が、こうしてくららたんが成長し、オットでも面倒を見ることができるようになってからは、失地回復、毎月一度「美容女王の日」を設定!( ー`дー´)


その日だけは、朝から夕方まで「美容」に関することしかしないと、家族に宣言!!!!!(」゚д゚)」


それを、忠実に実行させてもらっているのだ。(๑•̀ㅁ•́๑)✧


が、もしかすると、そんな華麗なる休日も、4年後には設けることができなくなるかもしれない…と、実感する出来事があったのだ。


最近、近所に住む小6男子のmamaにバッタリ出逢ったときのことだ。


結論から申し上げて、私は度肝を抜かれた!Σ(゚д゚;)


いつも綺麗に化粧を施し、優雅な立ち振る舞いが印象的だった、そのmama。


それが、最近見掛けた時には「こんな短期間で、どーしてそんなに老けたの!」と思わず声を出してしまうほど、言いにくいが、顔に無数の皺ができていたのだ!!!!((;゚Д゚)


他のmamaからの情報によれば、毎年、この時期には、ガクッと老けたり、ノーメイクになってしまうmamaが出てくる模様。


確かに、子供がまだ小2であるくららmamaでさえ、眠れないほど悩み苦しむ日も少なくないのだ!


6年生、しかも数ヶ月後に本番を控えた時期ともなれば、そのようになってしまう…事態も、決して有り得ないことではない。


今から来たるべき4年後の冬を想像し、震えと悪寒を止められないくららmamaなのだった。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←美しさの維持に励むくららmamaに、愛のクリックをお願いします!

このページのトップヘ