2024年中学受験!ひとり娘くららのドタバタ奮闘記

ひとり娘くららたんの受験を心の底から応援するブログです。目指せ、偏差値70オーバー!目指せ、女子御三家!!

2019年10月

今週月曜日の『早稲アカ』で、ジャンプテストの結果が保護者に返された。


隙を見てチラリと確認したが、くららたんのライバル・算数男児クンは、算国共にS評価を貰っていたようだ∑( ̄Д ̄;)


が、そこで、国語の講師から「くららたん、国語は1位だったね!」とそっと耳打ち。


周りに気付かれないように堪えながらも、思わず笑みが零れてしまうくららたんであった。


「次こそは負けない!」と、激しい闘志を燃やす我が娘。


授業の最後に、統一テスト対策の授業について説明があった。


なんと!、くららたん以外は、全員参加するようだ!!Σ(゚ω゚ノ)ノ

ライバルの算数男児は言うまでもない。颯爽と参加を表明していた!!(`・ω・´)ゝ


さすがに心配になり、くららたんに対策授業の受講を勧めるくららmama。


が、ピシャリとひと言。


「ママ、対策授業は受けないよ。くららたんは、丸腰で実力を測ってみたいの」。


くららたんの固い意志を信じてみることにした、くららmamaだった(`・ω・´)


そして、帰り道。


「ママっ、お願いがありますっ!」と真顔で懇願するくららたん!( ー`дー´)

「なんなのかしら。そんな真剣な顔で頼まれちゃ、断れないな。何でも言いなさい!!」

と、応じるくららmama。


「ファミリーマートに『ファミチキ』という食べ物があるみたい。一度、食べてみたい!」


な、な、なんですと!!!コンビニのchicken🐔ですと!!((((;゚Д゚)))))


意外過ぎる発言に、思わず声を失ってしまったくららmamaだったが、事情を聞いてみると、今日の『早稲アカ』の授業で、


「ファミチキ、マジで美味い!ファミチキ最高っす(/ω\)」と、男子連中が騒いでいたようで、くららたんも、興味を持ってしまった模様…° ✧ (*´ `*) ✧ °.。.:*・'(*°∇°*)'・*:.。.


ファミマに来店し、生まれて初めて『ファミチキ』を購入。
もちろん、くららmamaにとっても、人生初の体験だ。


すると「店頭で食べてみたい。できれば、立って食べてみたい!!」と、さらに高ハードルなリクエストが、くららたんの口から飛び出した!!!Σ(゚д゚;)


ふと横を見れば、なるほど、そういうことか。


小学校高学年くらいの年頃の男子が数人、店の前でたむろし、立ち食いをしていたのだ!!


その行為のはしたなさに、根っからのお嬢さま育ちであるくららmamaも逡巡したが、他ならぬくららたんからの渾身のリクエスト。応えないわけにはいかない!!(<ゝω・)


並んでファミチキを立ち食いすることにした!!!!!🐔


心の中で祈る。
「どうか、ママ友に見られませんように!」。


そんなことを考えていると、傍らから嬉しそうに弾む声が聞こえてきた。

「ママ、あったかくて美味しいね!(´^∀^`)」。


本当に、嬉しそうだった。


「そっか、そうだね。やっぱり、あったかい物はあったかい内に食べないと」。

そう考えたら、周りの目なんて全く気にならなくなっていた。


こうして、くららmamaも、温かなファミチキを豪快にかぶりついたのだった!Σ(¯ᐞ´(ω•´ )


ごちそうさまでした(-人-)


1572361717946


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→逞しく生き抜くくららたんに、応援のクリックをお願いします!

本日(日曜日)、オットが休日出勤を余儀なくさせられたため、母子水入らずで1日を過ごすことに!ヽ(´ー`)ノ


徐々による年波の所為か、遠出をする体力&気力を喪失していた、アラフィフくららmama…(›´ω`‹ )


少し考えた結果、自宅でDVDを鑑賞することにした!📺


くららたんが「これが観たい!」と選んだのは「マリと子犬の物語」。


2004年10月に発生した新潟県中越地震によって起きた実話を映画化した作品だ!!!


2人でソファーに腰を掛け、映画館でシネマを鑑賞するように、予めポップコーンを用意!(´Д`)


スプライト(くららたん)とコーラ(くららmama)まで準備し、万全の態勢で作品を堪能させていただいた!!!!!(ㅍ_ㅍ)

くららたんは比較的序盤、、、地震が発生しマリが足から血を流した時点で、既に号泣!・゚・(。>д<。)・゚・


飼い主が自衛隊のヘリで助けられ、マリたち犬が置き去りにされた場面では、


主人公と共に「マリーー!マリーが死んじゃうー!」などと絶叫!\( 'ω')/


そして、後半にも差し掛かる頃には、ビデオのリモコンを手に取り、なぜか停止ボタンをポチリ。


「トイレか?、待ってるから行っておいでよ」と言うくららmamaに、くららたんはこう応じた。


「マリが心配で心配で、これ以上冷静に観ていられない!助かるのか、助からないのかを、携帯で調べて教えてほしい。助からないのであれば、今から心を無にするので、少し待っていてほしい」。


誰もが認める国語女子、『早稲アカ国語』トップ女子・くららたんは、物語に対する感受性も人一倍豊かだ。


視聴途中の段階で、最終的にマリがどうなるのかが、鑑賞後のメンタリティに大きな影響を与えることを、子供ながら察知したのだろう。


泣き疲れて、すでに体力が限界を迎えていたという事情もあるのだろうけど。。。(´;ω;`)


「分かった」と応じ、急いで、携帯であらすじを検索するくららmama。


マリは助かることを突き止め、その旨くららたんに恭しくご報告!!ヾ(`・ω´・)ゞ


「よかった、マリは助かるのね。さあ、続きを早く観よう!」


くららたんの表情が、安堵でゆるむε-(´∀`*)


再び2人並んで、映画を満喫。あっと言う間に時間が過ぎた、DVD鑑賞タイムだった!w


夕飯後、くららたんのリクエストにより、再度、物語を鑑賞。


途中、オットが帰宅した。


ちょうど、下敷きになったおじいちゃんをマリがペロペロと舐めて励ましている場面だったのだが、その場面を一目見ただけで(時間にして5秒ぐらいか?)、瞬く間に目に涙を溜めるオットwww

いや、いくら何でも、それは速すぎだろwww


最初からこの映画をずっと観てきた人が、この場面に感情移入するのであれば、まだ理解できる。が、この場面だけを観て涙腺を緩める人間は、極めて稀だろう(´∀`)


断言できる!、くららたんが涙もろいのは、間違いなくオットからの遺伝だ!!wwww


そんな感じで、くららmamaの秋の日の休日は過ぎていったのだった…(´―ω―`)

1572183078775


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→応援のクリックで、くららたんを涙腺崩壊へと導いて下さい。よろしくお願いします!

昨日は、くららたんが、生まれて初めて学校で叱られる事件が勃発し、彼女の「心💞のケア」に専念していたくららmama。


くららたんが学校から帰宅した後は、2人仲良くクッキー🍪の生地をこねくり回し、思い思いの型でくり抜いて遊んだ!(・▽・)


さらに、可愛いラッピングまで施した次第だ。


ご丁寧に、原材料や賞味期限を記すことも忘れない、凝り性のくららたん!!!!


🌷くらら製菓🌷と、🍪に、店名まで銘記する念の入れようだったwww


それを、帰宅したオットに1枚30円で売りつける商魂の逞しさも、親としては心強い。


マッチ売りの少女( ơ ᴗ ơ )顔負けの根気強さで、


「くらら製菓のクッキーはいかが〜?1枚30円ですよー!( ̄▽ ̄)買ってくれないと、お家に帰れないよー!」


などとオットにアピールし、10枚もの🍪を売りつける事に成功!!Σ(゚д゚;)


ゲットしたのは、合計300円。


それを、専用のgold PIG🐷の貯金箱に放り込むくららたん。


と、そんなこともあり、ようやく笑顔を取り戻したところだった!ꉂꉂ(ˊᗜˋ*)ʬʬ


だが、そんな一連の行為の代償は大きなものだった…。


24日は『早稲アカ』のテスト結果の発表日だったにも関わらず、そのことを完全に失念していたのだ!!!!Σ( ´・ω・`)


日付が変わって25日となり、くららたんを学校へと送り出した後、テスト結果が発表されていることに気が付いたくららmama( ゚∀ ゚)!


急いでパソコンを起動させた…■_ヾ(・・*)


思い返せば、このテスト。


「出来があまり良くない」という、くららたんの自己申告に母娘ともに打ちのめされ、


現実逃避とばかりに、塾からの帰りに、くららたんとラーメンを啜ったような記憶がある🍜


でも、「確認しないわけにはいかないだろう」と腹を括る、気丈なくららmama!( *`・ω・)


清水の舞台から飛び降りるような思いでログインし、結果のボタンを強くクリックした!!!!!(`・ω・´)


結果は…?


国語 は第1位💮!!!( °Д° )


いくら、ネ申童くららたんとはいえ、トップを勝ち取れるとは思っていなかったので、正直、びっくりした!


そして、「我が娘ながらあっぱれ!」と、密かにくららたんに向かって頭を垂れたm(_ _)m


くららたんは確か、試験終了後「簡単なのに、間違えちゃった。これは満点を取る子、多いと思うわ…」などと述べていたが、結果的に、そのような感想を抱いたのは、くららたんの要求水準が高過ぎたからだった…ようだ。。。(´>ω∂`)


続いて算数!!(-⊡_⊡)


まだ、才能の花は咲き始めていない模様wwwwww(´・ω・`)


確かに、計算問題によって構成される大問 の1から、イージーミスが複数見受けられる…(´Д`)


このあたりのケアレスミスを減らしていかなければ、算数の成績はアタマ打ちだろうε-(´Д` ;)


けどまあ、いずれにせよ、くららたん本人は、国語の順位がトップだったことに嬉しそうな表情を浮かべていた!(///ω///)


そして、算数の点数と偏差値を眺めながら、「次こそは頑張る!」と、独り言。


「算数の成績がもう少し良ければ、総合順位もグンと上がったのに!」。


受験生にとって必要不可欠な「向上心」も出てきたようだ!w


その気持ちがあるなら、きっと大丈夫!!!


受験の神様が、くららたんを志望校合格の栄光へと導いてくれるはずだ(`・ω・´)


ガンガン頑張れ、くららたん!!!(o・ω・o)ノ゙

1572017448101~2


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→国語女子くららたんに応援のクリックをお願いします!

小学2年生のくららたん。


現在、公立小学校に在籍している!!🏫✨


今日、くららたんが帰宅した後、宿題の漢字の書き取りをしながら、悲しげな顔で


「くららたん、今日、初めて先生に注意されたんだよね。」


と、爆弾発言!!!!!Σ(゚д゚;)


ど、どうしたの?、何があったの??(o・ω・o)


と、半狂乱になりながら、前のめりに問い質すくららmama。


ことの顛末を簡潔に述べれば、以下のとおりだ。


算数の授業を受けていて、何問か解いた後「ドリルの〇〇ページが今日の宿題」だと説明する担任X(-ロдロ-)ゞ


優秀児くららたんは、その場で解くべき問題は全て解き終わり、宿題のドリルも終わらせておいたそうだ。


が、ここで事件が勃発!!!(`・ω・´)


クラスのお調子者♂のひとりが囃し立てたのだ。


「あ!、宿題なのに今してるわ、くららが。それはズルじゃないのか!!」。


その発言を耳にした担任。


「宿題は、家でするもの。学校でするものじゃありません!!!( ๑º言º)」とひと言。


公立ではこういう教え方がまかり通っているのか。


この担任が異常なのか…、明らかに尋常ではない非常識な発言だ!!!!!( ゚д゚)


あまりにも納得がいかない担任の判断ではあったが、くららたんは、その学校の生徒という楔に縛られている。


円満な学校生活を全うするには、泣く泣く従うしかないのだろう。


が、くららmamaは思うのだ。


くららたんが受験を間近に控えた高学年になったとき、このような暴言を浴びせかけられたら、果たしてマハトマ・ガンジーのように、グッと堪えることができるのだろうか、と。


全くもって、自信がないwww(´・ω・`)


1571931292672


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→理不尽に耐え抜くくららたんに応援のクリックをお願いします!

10月も後半に入ると、毎年のことながら、少しばかりブルーな気分に襲われる(「・ω・)「


10月末は、義母の誕生日だからだ!


オットと結婚してから、いや、婚約時代から毎年毎年、くららmamaは、義母に心ばかりのbirthday presentを贈ってきた(๑´•ω•)っ🎂


それだけでない。


毎年、父の日と母の日、及び、義父母の誕生日には🎁を贈る習わしとなっている。


この手の記念日を殊更重んじるのは「元旦実家詣で」の件でもお分かりのとおり、オット実家の特徴。


まあ、一度、敬老の日に🎁を贈ったら、却って遺憾の念を示されたが、それはまあそれとしてwww( ´・ω・`)


しかし、毎年となれば、贈り物にバリエーションを持たせるのにも限界が出てくるもの。


結婚して3年が過ぎた頃から、何を贈ったら良いのか分からなくなり、母の日には花🌸を、10月の誕生日にはリヤドロを送ることにしている。


義母は、温厚なオットとは異なり、かなり激しい修羅👹のような気性の持ち主だ。


以前、兄嫁が、senior high school卒ならではの脇の甘さが原因だろうか、ついうっかり、義母の誕生日プレゼントを贈るのを失念したという事件があった!!!((((;゚Д゚)))))


その時は「お世話になっている人の誕生日を忘れる人間など、罰が当たるわ!!ヽ(`Д´#)ノ 」「顔も見たくないわ!!」と、憤怒していた。


その光景に恐れをなしたくららmamaは、それ以降、年が変わり、新しいカレンダーを使い始める都度、ひと際大きく、カレンダーに「母の日 お花のオーダー」「義母の誕生日 リヤドロ」などと、書き込むことにしている!!!!


先ほど述べたが、プレゼント🎁は、もはやルーティンのようなものなので、決めるのはそう困難なことではない…。


問題は、🎁に添えるメッセージカードの内容だ!!!(`・ω・´)


心温まるーーー


例えば「お母さま、末永くお身体を大切にして下さい!🙏またお料理を教えて下さいね。楽しみにしています(∩´∀`∩)♡」…などといった内容の言葉を添えなければならないのだが、この言葉が普段全く思ってもいないことなので、苦痛で仕方なかったのだ。


そこへ、天の助けが舞い降りたのだ!!👼


くららたんだ!(´∀`)


くららたんは、純粋無垢の権化のような子供。


大好きなおばあちゃまに、それはそれは、心がこもったお手紙を書くのだ!!!+.゚.( °∀°)゚+.゚。


さらに、器用に折り紙を折って指輪やブローチを創り上げ、手紙に同封することも忘れない。


よって、くららたんが物心ついてからの直近数年は、メッセージカード執筆地獄から解放され、平穏無事な日々を過ごしている。


ありがとう、これも皆、くららたんのお陰だ!!!(∩´∀`)∩


くららたんが国語女子で、本当に良かった!。゚∵・(ノД`)∵゚。

1571843410478


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→母親の窮地を救う国語女子・くららたんに応援のクリックをお願いします!

季節はまだまだ秋真っ盛りなのに、早くも(?)『早稲アカ』冬季講習のお手紙を受け取った、くららmama一家。

小学2年生のカリキュラムは、まだまだ可愛いもので、クリスマス🎅終了後の12月末に2日間という日程だ!(* 'ᵕ' )

が、以前も述べたと思うが、くららmama一家は、お正月はオットの実家に集まらなければならない。

これは、取捨選択の余地がない義務的な行事なのだ!!!(o・ω・o)ノ゙


つまりこれは、くららmama一家にとって、正月周りの行動の自由はないということを意味する(´;д;`)


なので、その前のクリスマス後の数日間は、ほぼ毎年、家族旅行を遂行してきたのだ。


今年は、くららmamaが馴染みに馴染んだ古巣の飛行機(機材)に乗って、沖縄に行くつもりだったところだ!*⋆✈︎


が、その数日間が『早稲アカ』の冬季講習と丸かぶりしていたのだ!!!!!ヽ(`Д´#)ノ


…では、どうするのか。


実は、くららmamaの中では答えは出ていたのだが、一応、家族にも聞いてみることにした。


家族 1「沖縄に決まってる!」

家族 2 「えっ!早稲アカに行って、お正月に沖縄に行く!」


家族2よ。


勉強熱心であることは母親として嬉しい限りだが、あなたは全く知らないのだ…


正月にオットの実家に顔を出し、義母の手伝いをし、一緒に箱根駅伝を見る。
そして、出てくる料理を褒め称え、私にも教えて下さいと懇願する…(*´ー`*人)


このルーティーンをこなさなければ、義母の機嫌を損ね、ここから先の1年間が暗黒に包まれてしまうのだ!!!!!((((;゚Д゚))))


が、無垢な家族2に、そんな大人の事情は当然、言えるはずもない。万一、家族2が無邪気にそんなことを義母に対して口走ろうものなら、その先の1年どころか、生涯にわたり義母の怒りを買うことは必至だ!:(´◦ω◦`):


そんな想定を瞬時に脳内でこなし、


「お正月には、通知表を持って、おばあちゃまに会いにいかなきゃね。おばあちゃまは、くららたんが大好きな丹波の黒豆を炊いて、楽しみに待ってるよ!」と語る、良妻の鑑・くららmama!॑⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*


以上の経緯を経て、冬季講習は欠席することに決まった。


冬期講習は断念するけど、そんなことで遅れをとるくららたんではない!!(`・ω・´)


まずは沖縄旅行をスッキリした気持ちで楽しむために、勉学に励め、くららたん!( ー`дー´)


1571750470108~2


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→くららたんに応援のクリックをお願いします!( ̄▽ ̄)

『早稲アカ』に通い始めてから、かれこれ2ヶ月が経過した。


ひとりっ子で、かつ、オットから溺愛されて育ったくららたんは、実におっとりとした性格の持ち主だ。


先日の内部テストの件でも如実に表れていたように、たとえ失敗したとしても、それをバネにするのではなく、のほほんと忘れて生きていくタイプ!!(*゚∋゚)


まあ、それはそれで生きやすいのかも知れないがwwwヾ(*´∀`*)ノ


しかし今般、そんなくららたんに強力なライバルが現れたようだ!!!!!。゚(゚^Д^゚)゚。


本日、早稲アカの授業を受講し、いつものように解説を聞き、愛車のBMWで帰宅していた最中のことだ。


「くららたん、今日はめちゃくちゃ悔しかった。〇〇クンに負けたくない、これからは、〇〇クンに決して自分の前を走らせはしない!!」と、突然の告白!


あまりにも唐突な告白に、「えっ?、〇〇クンって、くららたんのひとつ前の席に座ってた、あの〇〇クン!?」と、思わず発言内容を確認してしまった∑( ̄Д ̄;)


解説しよう!


〇〇クンとは、くららたんが籍を置くトップクラスにおいても、ひと際目立つ存在だ。


授業中、ことある度に「俺なら、秒殺で解けるわ!www」「え?これ解けない人なんているの?www」などと、挑戦的な発言をかましてくる、算数男児

それが、〇〇クンだ!


実際、算数の出来映えは、くららたんのクラスの中ではダントツ。


算数男子のママもまた、自信に満ちあふれた様子で、男子の発言を戒めるでもなく、「〇〇クン、さすがね〜!」などと、頬を紅潮させながら、教室中に響き渡る声で褒める(*´꒳`*)


その男児が、なんと!(°д°)

今日は、くららたんと同じく、国語も💯💮を獲得したようなのだ!!!


絶対的に自信がある国語で、今回一度だけとはいえ、並ばれたという事実は、くららたんの闘争心に火🔥を着けるのに充分過ぎる要素だったようだ!


おっとりネ申童のくららたんから飛び出した、生誕後初の「負けたくない発言」に驚愕を覚えながらも、我が子の成長ぶりに心密かに感動するくららmama。。。+.゚.( °∀°)゚+.゚。


そんなに悔しいのであれば、打倒、算数男児に励め!、くららたん!!!(」゚д゚)」


くららmamaとしても、男児が一敗地に塗れ、男児mamaが臍を噛む姿を拝んでみたいしね( 人˘ω˘ )


1571674556658


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→闘争心に目覚めたくららたんに応援のクリックをお願いします!

試験を受けたのは、もうかなり以前…遠い昔だったような気がする。。。


他でもない『早稲アカ』の内部試験・キッズチャレンジテストのことだ…( ; ˘•ω・):


記憶の糸を辿れば、試験を受けたあの日は、くららたんと2人で、帰りの道すがら、ラーメン屋の暖簾をくぐり、豪快に麺とスープを啜り上げていた…はずだ(遠い目)。



試験日から経過した日にちを考えれば、もうそろそろ、試験結果の大発表があっても良い頃合いなんだが、なんと!


『早稲アカ』からメールがあった!!Σ(゚д゚;)


その内容を拝見すると、


台風で土曜クラスのキッズチャレンジテストが延期された影響で、結果発表は、10月24日に延期になるとのこと:(;゙゚'ω゚'):


その旨、もちろん、当事者であるくららたんにも伝えたが、


くららたんにとってその出来事は、既に過去のものとなっているようで、


「そうなのね。でね〜、今日〇〇君がさ〜!」などと、


全く持って興味の対象外となっている模様www


まあ、くららmamaも日々の雑事に追われ、忘却しつつあったところではあるが…wwwwww


試験の結果が良ければ調子に乗って更に頑張り、悪ければ奮起して頑張る。


くららmamaは、どちらかと言えば、試験結果を、勉学に勤しむ上での「カンフル剤」とするタイプだったような気がするが、


どうやら、我が娘は、そんなタイプではないようだ…(-.-;)


来年2月に受験本番を迎えるブログ等を読むと、


秋以降に開催される模試の結果が、受験校を決定する上での重要な要素となっているようだ!Σ(・∀・Ⅲ)


4年後には我が家も、模試の結果で一喜一憂し、万一、結果が思わしくなければ、この世の終わりを迎えたかのような悲しみに包まれることになるのか…。


今の水準をキープし、くららたんがネ申童であり続けたとしても、インフルエンザや怪我によって、本番で実力が発揮できなかったら……、


恐怖しかない!!!!( ゚艸゚;)


のしかかる強大なプレッシャーに、震えが止まらないくららmamaだった…!((((;゚Д゚)))))))

1571446727683にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→震えるくららmamaに励ましのクリックをお願いします!

女子学院の文化祭が、先日の三連休に開催されたようだ!


くららmamaが愛読している幾つかのブログでも、親子で女子学院の文化祭に臨む模様が、赤裸々に綴られていた✍︎(^ω^)


くららmamaも、その内容を高い関心を抱きながら、熟読させていただいたところだ!!(`・ω・´)


…実は、くららmamaのママ友の中に女子学院出身の人がいるのだが、


彼女のお子さんがよく、くららたんに


「ママが、私にも女子学院に行ってもらいたいと言ってる!だから、私も女子学院を受験する!!(o・ω・o)ノ゙」と言っているようで、くららたんにとっても興味深い学校であるようだ。


では、どうして我々は、文化祭に足を運ばなかったのか!?(?_?)


理由は至極単純!ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ∗)


「女子学院」&「文化祭」で検索を掛けたところ、小3以上の同校志望の受験生及びその親が対象と明記されていたからだ(´-д-`)


くららたんは、小学2年生。


学力的にはともかく、年齢的に女子学院の門をくぐる資格がなかったのだ!!!!!!ヾ(*`Д´)ノ


まあ、くららたんはネ申童なので、ここには望めば軽々と合格できるのではないかと確信しているがwww


「早稲アカ」からいただいた偏差値表を見る限り、2月1日の偏差値は、桜蔭も女子学院も77。


さらに言うと、2日の豊島岡も77(゜д゜)


女子御三家の偏差値が77で並んでいる!( *`・ω・)


まさに「三強横並び」といった様相だ(…そんなことがあるはずがなかろう(心の声))!!(*`・ω・´)


だったらOに行かせたいところだが、その辺りは、本人の希望で決まることになるのだろう。


ふと思い立って、オットに「どこに行かせたいか」を三択形式で訊いてみた( ◜ω◝ )www


すると、オット曰く「家からの通学時間が短い順で良くね?」とのことwww(▼ω▼)


やれやれ┐(´-д-`)┌


オットにも、もっと真剣に子供の受験と相対峙してほしいものだ。

1571237265612


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→勉強を頑張るくららたんに応援のクリックをお願いします!

ひとり娘くららたん。


好物は、


お寿司(1位)、フランスパン(2位)、ハンバーグステーキ(3位)、シャインマスカット(4位)、チョコレート(5位)、ラーメン(6位)の順番だ…(¬ω¬)


と書けば、気付いてもらえるだろうか?


大体の子供はそうなのだろうが、そこに野菜(Vegetable)は存在しない!(´・ω・`)


しかも、くららたんの野菜嫌いはエクストリーム。これは、オットからの遺伝だと思われる…。


だが、担任にキチンと給食を食べているかを尋ねてみると、


なんと!Σ(゚д゚;)


女子の中ではトップクラスの早さで完食!!!

果物のオカワリをすることもあるというのだ!∑(๑º口º๑)!!


真偽の程を改めてくららたんに確認してみると、彼女はこう言うのだ!(`・ω・´)


「給食は完食を求められる。なので、嫌いなものから先に食し、早々に終わらせるようにしている。そもそも、給食は全般的に味が良くないが、小学生というコミュニティに属している以上は仕方がない、食べないという行動は、悪目立ちに繋がるので危険だ(原文ママ)」


とのこと。


いずれにせよ、栄養バランスが考慮された給食が日々提供されることは、公立小学校の数少ない利点のひとつだろう(๑° ꒳ °๑)


周りのママの話を聞くと、家庭でも野菜料理をせっせと作り、完食させるといった話をよく耳にする。


が、くららmamaは、ひと味違う!!!(`・ω・´)


くららmama自身は、自他ともに認める「美貌」を維持するため、生野菜や根菜の煮物などを食べることにしているが、それらを、決してくららたんに強要することはない!( *`・ω・)


くららたんに提供するVegetableは、ごく僅か。豆皿に盛り付ける程度のものだ。


「好きなものを、好きなだけ食べればOK︎!( ・∀・)b」。


それが、くららmama流の「食育」だ。


くららたんは、大体、メインと汁物、果物を食べて終了。気が向けば、プチトマトやスティック野菜をつまむ程度。


が、くららmama自身、子供の頃は、野菜など好んで食べなかったが、成長とともに食べられるようになったものだ。


だから、全く心配はしていない!


それに、くららたんはその意図に気付いていないが、


繊維不足を補うために酵素玄米の日を作ったり、ビタミンを補充するために毎朝、旬の果物を三種類以上いれたスムージーを飲ませることにしている!!!www


「くららmamaが作るご飯は、美味しくて楽しい」。


そんな感情さえ抱いてくれればそれで良い、というのがくららmama流の「食育」なのだ!(`・ω・´)ゝ


甘やかし過ぎ┐(´д`)┌


そう揶揄されるかも知れない。


だが、溢れんばかりの愛情をくららmamaから注がれているくららたんは、いざというときに踏ん張れる、心身ともに強靭な人間に育ってくれるはずだ!!!(´∀`)


さあ。


明日も、くららたんの好きなものを、たくさん作りましょう!(o・ω・o)ノ゙


くららたんは、好きなものをいっぱい食べて、せっせとお勉強に励んで下さい!!!


あの坂道を目指して!( *`・ω・)

1571147369742


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→くららたんに応援のクリックをお願いします!

このページのトップヘ