2024年中学受験!ひとり娘くららのドタバタ奮闘記

ひとり娘くららたんの受験を心の底から応援するブログです。目指せ、偏差値70オーバー!目指せ、女子御三家!!

くららmamaの月に一度のお楽しみ((o(。>ω<。)o))である
「美容女王の日」。


くららmama個人としては、毎日、この「美容女王の日」を心待ちにしながら、家事と育児を頑張っている。


そう断じても過言ではないほど楽しみにしている日だ!(´▽`)


独身時代は、暇さえあればエステやマッサージなどに通い、自分磨きに手間ひまをかけることができた。


当たり前のことだが、結婚してからはそうはいかない。


徐々に回数が減り、くららたんが生まれてからの数年間は、母乳が詰まった時に、焦って乳腺マッサージに行くのみ!!


振り返れば、優雅さとは程遠い日々を過ごしてきた…(´ω`)


が、こうしてくららたんが成長し、オットでも面倒を見ることができるようになってからは、失地回復、毎月一度「美容女王の日」を設定!( ー`дー´)


その日だけは、朝から夕方まで「美容」に関することしかしないと、家族に宣言!!!!!(」゚д゚)」


それを、忠実に実行させてもらっているのだ。(๑•̀ㅁ•́๑)✧


が、もしかすると、そんな華麗なる休日も、4年後には設けることができなくなるかもしれない…と、実感する出来事があったのだ。


最近、近所に住む小6男子のmamaにバッタリ出逢ったときのことだ。


結論から申し上げて、私は度肝を抜かれた!Σ(゚д゚;)


いつも綺麗に化粧を施し、優雅な立ち振る舞いが印象的だった、そのmama。


それが、最近見掛けた時には「こんな短期間で、どーしてそんなに老けたの!」と思わず声を出してしまうほど、言いにくいが、顔に無数の皺ができていたのだ!!!!((;゚Д゚)


他のmamaからの情報によれば、毎年、この時期には、ガクッと老けたり、ノーメイクになってしまうmamaが出てくる模様。


確かに、子供がまだ小2であるくららmamaでさえ、眠れないほど悩み苦しむ日も少なくないのだ!


6年生、しかも数ヶ月後に本番を控えた時期ともなれば、そのようになってしまう…事態も、決して有り得ないことではない。


今から来たるべき4年後の冬を想像し、震えと悪寒を止められないくららmamaなのだった。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
←美しさの維持に励むくららmamaに、愛のクリックをお願いします!

11月末に実施された『早稲アカ』のオープンテスト。


このブログの愛読者なら皆、ご存知であろう、その名も「冬のチャレンジテスト」。


受験者の母数も普段の模試よりグッと増える。


現在のくららたんの実力を測る絶好の機会だと言えよう!!!( ๑•̀ω•́๑)


で、今回のテスト結果は、どうだったのか。


成績webの帳票を震える手でポチッとクリックする、くららmama!((((;゚Д゚)))))))


「算数の点数が上がってる!」


それが、くららmamaの口から飛び出した第一声だった!(´∀`)


他方、国語の成績は、くららたんの本来の実力からすれば、正直、あまり芳しいものではなかった。。。


が、そんなことより、今回は算数を褒めてやりたいと思った!(*´ω`*)


思えば算数…


くららたんが授業を初めて受けた日に、


早稲アカの講師から「慣れてないだけですから、焦らないでください。半年ほどで問題はなくなりますよ(^ω^)」と言われていたところだ。


が、それから3ヶ月もの間、ピクリとも上昇しない算数の偏差値に、頭が禿げ上がるのではないかと思うほど、悩み苦しんできたのだ!!(・・*悩)。。oO


不安が募るあまり、新たな教材を買い足そうとするくららmamaに対し、


早稲アカの講師とオットが「この段階で、教材を買い足す必要はない。焦り過ぎるのは百害あって一利なし」と言っていたが、


結果としてその判断は正しかった…と言えるだろう。


…「たかが一回の模試の成績に一喜一憂すべきではない」。


受験に挑むに当たりしばしば耳にする言葉だが、しかし
今日ばかりは、一喜することをお許しいただきたい!(´∀`)


今日は、この喜びを他人にお裾分けするべく、献血ルームで献血をしてきた、くららmama!💉


学校から帰宅したくららたんに、今回の模試の成績を伝えたところ、


「算数、上がってる!やったー。国語は残念な結果だったけど、次も頑張るよ!」


と、満面の笑みで答えてくれた!( ˶´⚰︎`˵ )


やる気を漲らせるくららたんに、ここぞとばかりに、褒めて褒めて、褒めまくった、くららmama!!!!!*˙︶˙*)ノ"


さあ、くららたん!


鯉が滝を登るがごとく、このまま、志望校合格まで突き進め!!(`・ω・´)


くららmamaは期待しているぞよ!( ´_ゝ`)

1575547596715


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→飛龍のごとく天を舞うくららたんに、応援のクリックをお願いします!

くららたんが普段からお世話になっている習い事は、


算数男子と熾烈なデッドヒートを繰り広げている『早稲アカ(もちろん、くららたんは最上位クラスに所属!)』を初め、ピアノ教室🎹、公文式📄の3つ。


つまり、今年の秋に『早稲アカ』に入塾するまでは、ピアノ教室と公文式に通っていたわけだが、


くららmamaは、そのどちらの習い事においても、お中元とお歳暮は、欠かさずに渡してきたところだ!(꜆ ˙-˙ )꜆🎁


特に、ピアノの先生には、年間合わせて数万円分の商品券を欠かさず渡してきた💰。


ピアノの世界においては、発表会、コンクールの後に、花束と共に現金を包むのが常識なのだ。


他方、公文の先生に対しては、周りのmamaたちの様子を垣間見れば「何も贈っていない」という人も散見されたため、その教室に所属する全ての先生方に行き渡るような、紙包装のお菓子を差し上げてきた。


さて、ここまで書いたところで本題。


『早稲アカ』には、どのような品物を送れば良いのか。今、くららmamaを悩ませているのは、その相場観だ!Ҩ(´-ω-`)


早速、早稲アカmamaにリサーチを掛けてみたところ「貢ぎ物など、差し上げたことはない」という人が大多数を占めていた。


聞けば、


「小6に上がって塾通いが密になり、個別相談等を頻繁に受けてもらうような局面に及べば、より手厚く面倒を見てもらうために物を贈るようにする」


とのこと!(´-ω-`)


そんな状況でお歳暮を送ったりすれば、まるで「贔屓にしてもらいたい」と言っているようなものではないか。


加えてmama友にこのような質問をぶつけた挙句、くららmamaだけがお歳暮を贈ろうものなら、どう考えても、出し抜いたようにしか思われない_| ̄|○ il||li


というわけで、少なくとも今年に関しては『早稲アカ』にお歳暮を渡すのは、止めておくことにした!!!!


まあ、ひとまず、今年におけるこの悩みは解決されたものの、


「他の塾ではどうなのか」「小6になれば、どの程度のものを贈るのか」など、考えれば考えるほど、泥沼にハマってしまいそうだ。


私が必要以上に、深く考え過ぎているだけかしら。


次から次へと悩みが噴出する、今日この頃。くららたんの笑顔だけが、心の拠り所だ!(⑅ •ꙍ• ⑅)

1575469796582


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→悩み多きくららmamaに、愛のクリックをお願いします!

小3から通う塾と習い事のカリキュラム及び曜日がようやく決定。


その決定が吉と出るか凶とでるかはまだ分からないが、取り敢えず平穏な日々を取り戻した、くららmama親子ε-(´∀`*)


本日、『早稲アカ』の同クラスに通うクラスメイトのmama達と団欒していたのだが、この時期になると皆、同じようなことを考え始めるのか、自ずと、話題は来年度の過ごし方へと収斂していった。


どうやら、くららたんが所属するトップクラス✨の生徒達で、『早稲アカ』以外へと転塾する者はいないようだ。


皆『早稲アカ』に満足しているということなのだろうか…( -᷄ω-᷅ )。


もちろん、話題は他の習い事のことにも及んだ。


皆、くららmamaが想像していた以上に、様々な習い事に取り組んでいるようだ…。


男子はスイミングと空手、女子はやはり、高級市民の子弟が多い土地柄なのか、ピアノ教室に通う子が多いようだ🎼.•*¨*•.¸¸♬🎶


変わったところでは、『アルゴ』や『理科実験教室』に通っている子供もいた。


思うに、皆一様に、低学年の内から、4年後の受験に向けて地頭を鍛えさせられているのだろう!!(`・ω・´)


などと、ワイワイ話をしていると、件の算数男児のmamaが登場。


除け者にするのも可哀想なので、話の輪に誘ってみた。


そういうところが、くららmamaが「人徳者」と目される所以であるが…(´∀`)


が、算数男児mamaは、会話には積極的に参加せず、スマホをピコピコ弄っているだけ。


「ほぅ、下々の者とは群れないというわけか」。


思わず独りごちた、くららmamaなのであった…(ㆀ˘・з・˘)

1575296408974


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→ついに進むべき道を決めたくららmamaに、応援のクリックをお願いします!

小3からの通塾。


以前のブログでも書き綴ったとおり、塾以外の習い事に皺寄せが来ることから、


『早稲アカ』に残るか『SAPIX』に転塾するかについて、ずっと悩み苦しんでいたくららmama(*´•ω•`*)…


が、昨日のチャレンジテスト受験時に開催された保護者会で、来年度の通塾に関する書類を受け取った。


うん、そろそろ決断をする時が来たようだ!!!!!( ー`дー´)


皆さんもどのような結論を下したのか、さぞかしご興味があると思う。


なので、結論から発表しよう!(`・ω・´)


散々悩んだが、くららたんの気持ちを尊重し、週に2度、『早稲アカ』に通わせることに決めた!


ピアノに関しては、


「それだけで食べていけるだけの才能を十分持っている!」


という、先生のお言葉もあり、週に2回通わせることに決定!(´∀`)


公文式については、このままでは週に2日間も時間が奪われることもあり、


既に辞めた国語に加え、算数も来年3月までに辞めることを決心!( ー`дー´)


というわけで、小3からはピアノ教室と早稲アカを週に2日ずつ、合計4日。


残りの1日は、お友達と遊ぶための時間を確保することにした!!.+゚*。:゚+(☆´・ω・)σa(・ω・`★)


たまに耳にする、小6になってもスイミングやピアノを続け
、それでも晴れて志望校への合格を勝ち取っているお子さん!


くららたんは、受験直前期まで、趣味のピアノを続けることが出来るのだろうか。


どんな未来が訪れるのかは、今は誰にも分からない!( ̄ー ̄)

1575210260643~2


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→塾とピアノの二刀流を目指すくららたんに、愛のクリックをお願いします!

本日は、定期的に開催される、栄光あるナショナル・フラッグ・キャリアの同期たちとのランチ会の日…🍴



以前にも述べたとは思うが、その精鋭ぞろいの同期の中でも、特に業務遂行能力が秀でていたくららmamaは、一番退社が遅かったのだ。



ゆえに、同期の子供たちは、押し並べて、くららたんよりかなり年上。既に受験勉強を終えた子供も多い。



彼女らの子供たちの受験遍歴は、それこそ十人十色。様々だ。



小学校を受験しただけで、そのままエスカレーター式に大学まで進学した子供もいるし、小学校受験、中学受験、高校受験、大学受験の全てを経験した子供もいる。



そのような状況であるがゆえに、くららたんが受験するに当たり、アドバイスをもらう機会も少なくないのだが、本日のランチ会で耳にした内容は、少し考えさせられる内容だった…Oo。.(´-`)



「無事に志望校への入学を果たせたとしても、学校に馴染むことができずに不登校となってしまった」という話だったのだ!!(´・ω・`)



どうやら、想像していたよりもずっと、志望校の校風や、志望校に通う生徒の様子を見ておくことは、重要らしいのだ。


今まで、くららmamaが、校風等の要素を全く気にしなかったことには理由がある!


くららたんは、どんな環境下に置かれても、すぐに周りの子供たちと打ち解け合い、逞しく生きていくことができる子供だ。


才気煥発なネ申童であることに加え、男子とふざけ合うこともできるし、女子とのお洒落トークも軽々とこなすことができる!☆⌒(ゝ。∂)


なので、学校では、お手伝いが必要なお子さんの隣席に座らされ、世話を焼く係を拝命することが多い。



そして、そんな難しい任務を、天性の責任感、正義感、優しさで見事に遂行してみせる、神のような子供だ!( ー`дー´)



なので、どのような環境に置かれても、必ず幸せになれる子供だと思っていたのだ!(*´ω`*)


ゆえに、この話を耳にするまでは、なんの迷いもなく、能力的にくららたんに相応しい最難関校を受けさせるつもりだったのだ!(`・ω・´)


が、今日のランチでの話を聞き、校風が我が子に合うかどうかといった観点も、少しは持っておいた方が良いかも知れない、と考えを改めたのだった。



と、ここまで書いていて、ふと気付いたことがある。



「どんな環境下に置かれても逞しく生き抜き、幸福を勝ち取ることができる人」


って、もしかして、くららmamaのことそのものではないか!?


もしかすると、くららたんのその気質は、くららmamaから受け継がれたもの…なのかも知れない…( ̄ー ̄)


1575034588170~2


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→才気煥発なくららたんに後押しのクリックをお願いします!

2019年も、あと数日で12月…(´∀`)


色とりどりのイルミネーションの輝き、吐く息の白さ、子供たちの小さな手袋やブーツ。


全てが、くららmmaのテンションを上げてくれる!.+*:゚+。.☆━⊂(^o^∩)


くららmamaが一番好きな季節「冬」の到来だ。


思い返せば、子供の頃からクリスマスが大好きだった。


いや、どんな子供にとっても、クリスマスは、1年の中で一番好きな日に違いないだろう。


もはや記憶はおぼろだが、小3の頃までは、くららmamaも、クリスマスの魔法にかけられていたと思う⸜( ´ ꒳ ` )⸝✩︎⡱


サンタクロースにせっせと手紙を書いたり、サンタがお腹を空かせてはいけないとクッキーを用意しておいたり、寝ている振りをしながらサンタの姿を確認しようと目論んだり。


今もピュアな心の持ち主ではあるものの、それと較べても、はるかに純粋な魂の持ち主だった、幼き日のくららmama!!(●°а°●)


朝目覚めたとき、クリスマスツリーの下にプレゼントを発見した時の、喜びと感動。今でもハッキリと覚えているほどだ。


なので、


いつか自分に子供ができた時には、その子供には、出来るだけ長く、クリスマスの魔法をかけてあげたい!


と思っていた。


が、しかし、そんなくららmamaの希望とは裏腹に、くららたんに掛けられた魔法は、小1のクリスマス時には儚く解けてしまっていたのだ…ヾ(・ω・`;))ノ


経緯は以下の通りだ。


並外れた読書量を誇る、くららたん。


小1の頃に読んでいた本に、サンタクロースの「正体」が赤裸々に書かれていたらしく、


その記述に驚いたくららたんが、オットにその真偽の程を確認→オット、あっさりと本の記述が事実であると認める


といった次第だ!( ; ˘•ω・):


なんの抵抗もなく大人向けの小説等を読むくららたんだからこそ、起こってしまった悲劇。


よって、我が家では、クリスマスプレゼント🎁は、くららたんから直接欲しいものを聞き、イヴの夜にくららたんに手渡すこととなった次第である、今年から。


まだ、お子様に魔法を掛けている皆様、くれぐれも身バレすることのなきようお祈りしております!m(_ _)m

1574866565333


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→くららたんにクリックの魔法を掛けてあげて下さい。メリークリスマス!

『早稲アカ』に入塾して3ヶ月が経過。


初めて、『早稲アカ』で同じクラスに所属する生徒のmamaに、お茶☕へと誘われたくららmama。


まあ、個人的には、積極的にお茶をしたいとまでは考えていなかったのだが、

たまには、同じ環境に身を置く他の塾mamaから情報を収集するのも有益かも知れないと考え、いそいそとCafeへと繰り出すことにした...(´・ω・)



今回のお茶の相手となった塾mamaは、子供を小1の頃から『早稲アカ』に通わせている、かなりの古参。


当然、くららmamaが知らない情報も、数多く保有していた!⊂(・∀・) 彡


手始めに、同じクラスでひと際目立つ例の「算数男児」について、ちらっと水を向けてみた。


その瞬間、マシンガンのようなトークを始める「塾mama」!!!\( 'ω')/



まあ、そのマシンガントークの中には、勉学関連以外の情報も混ざり込んでいたのだが、そんな情報は、くららmamaからすれば、興味の対象外。


関心があるのは、男児の勉強法のみだ!!!!!(`・ω・´)


彼女が言うには、算数男児は『早稲アカ』以外に、某算数専門塾に通っているという。


思い返してみれば、その算数専門塾。


くららmamaが愛読している中受ブログでも、話題になっていたことがある。


早速、詳細を知りたくなり、当該算数塾の情報をググるくららmama!…φ(..)


なんと!、その塾に所属する生徒の殆どが、御三家へと進学しているではないか!!Σ(゚д゚;)


なるほど、それで合点がいった。


算数男児親子が、小2段階の今からやけに自信に満ち溢れた態度を取っているのは、当該算数塾に所属していることで、勝利を確信しているからなのだろう…((((;゚Д゚))))


これは、焦る!


焦燥感に駆られ、素足でチョモランマ登山に挑んでしまいそうだ!!!ε≡≡\( ˙꒳˙)/シュタタタタ


「くららたん!算数男児は、超ハイレベルな算数塾に通ってるみたいよ。なんか、焦らない?」


と報告したくららmamaに、くららたんが返した言葉はこうだ。


「くららたん、これ以上、塾は増やさないよ。『今から全速力で走ると息切れするよ。今の段階では、余裕を持って』ってパパが言ってた!(´∀`)」


オットよ、余計なことをくららたんに吹き込むんじゃない!!( ˘ •ω• ˘ )


思わず曇天模様の夜空に向かって吠えた、くららmamaだった!(」゚д゚)」

1574778398876


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→どんな時でも心はクールなくららたんに応援のクリックをよろしくどうぞ!

先日、くららたんが敢然と挑んだ、統一テスト。


実は、くららたんから「小学校の友人と一緒に受けたい」という申し出があり、四谷大塚の校舎で受験していたのだが、


『早稲アカ』のいつものメンバーには、早々と、先週の授業でテスト結果が返却されていたところ。


言うまでもなく、四谷大塚の校舎で受験したくららmama親子には、先週の時点でテスト結果が配布されることはなく、

その間、『早稲アカ』メンバーの結果にまつわる一喜一憂を、手持ちの情報が全くない状態で見聞きさせられることになった。端的に言えば、タイムラグの発生に伴う悲劇だ!( ; ˘•ω・):



まずは、くららたんのライバルである、例の算数男児。


なんと!算数の偏差値が75を超えたらしい!!Σ(゚д゚;)


男児は、高らかに「勝利の歌」を口ずさんでいたw


また、男児mamaも「すごいわ、○君!、○位よ、○位!」などと、皆に聞こえるような大声で騒ぎ立てていた!( ̄▽ ̄)


これら一連の行為によって、同じ教室に通っている全ての親子が、男児の偏差値を認識したと、そういうわけだ。


で、くららmama親子。


「今か今か」と、日が経つのを、指折り数えて待ち続けること1週間ヾ(・ω・`;)ノ


ついに、『四谷大塚』から封書が届いた!


が、結果は肩透かしwww


封書の中には『入塾許可証』が入っていただけ。


え?、成績表は何処に??(o・ω・o)


何らかの手違いがあったに違いないと、急いで『四谷大塚』に架電する、くららmama!(📞๑•̀ - •́)


すると、『四谷大塚』の事務曰く「成績表は、校舎でしか返さないことになっているから、取りに来ていただきたい」との由。


なるほど。実際に校舎にまで足を運ばせることによって、入塾させやすい環境を創り出しているのだろう…( ´_ゝ`)


くららmamaも、窓口で「他塾に通っているか」どうかを問われたが、またしても「お客様を不快にしてはならない」という精神が働いてしまった。


さすがは、元J○Lのcaの鑑くららmama!° ✧ (*´ `*) ✧ °


結局、「公文式に通ってます」としか答えることができず、しばらくの間、事務から『四谷大塚』のPRトークを聞かされる羽目に陥ったのだが、


…!、話を聞く限りにおいては、同塾は、教材の内容も素晴らしく、教師のクオリティも良さそう…(´,,•﹃ •,,`) 


結局、先日このブログに認めたとおり、週1回通いで済む『SAPIX』と、くららたんが気に入っている『早稲アカ』のどちらかにしようと考えていたため、


「低学年での通塾は考えてないんですよ~(*´ω`*)」


と、「やさしい嘘」を駆使して勧誘を丁重に辞退。


そそくさと帰宅し早速、くららたんと結果を確認した!!(`・ω・´)


結果は、下の画像のとおり。


「算数の結果は残念なものだったけど、イージーミスを着実になくしていけば、もう30点は稼げそうだね!」


と、くららたんを激励。実際にそのとおりだし。


この時期は、とにかく特定の科目に対する苦手意識を持たせないこと、嫌いにさせないことが大切


というのが、くららmamaの考え方なのだ(* ´ ▽ ` *)


くららたんは、「ライバルの算数君に負けちゃった…(´;ω;`)」などと肩を落としていたが、そんなに気にすることはない!!


また、一緒に頑張ろう、くららたん!(`・ω・´)ゝ

1574523672082~2

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→闘い続けるくららたんに、応援のクリックをお願いします!

先日から散々ブログに書き綴っているとおり、小3から始まる習い事のスケジュールの遣り繰りに頭を悩ませ続けている、くららmama!Ҩ(´-ω-`)



とにかく、いくら考えても足りないのだ、平日が。。。



そこで、少し視点を変えて、小3から、今通塾している『早稲アカ』以外の塾に通うことも、選択肢として俎上に乗せてみることにした。



まずは『四谷大塚』。


ここは『早稲アカ』と同様、週に2日の塾通いを余儀なくされるようだ。


次に調べてみたのは『SAPIX』。


お、ここは、小3の間は、週に1日だけ通えば良いようだ!!!!!( ゚∀ ゚)


ついでに、小4以上の学年の授業カリキュラムも調べてみたφ(・ω・`)


おお!、『SAPIX』の通塾日数が断然少ないではないか!!(´∀`)


「通塾日数は、多ければ良いというものではない。むしろ、少なければ少ないほど、自分のペースで学習できる時間がより多く確保できるのでベター」。


というのが、くららmamaの考え方。



通塾日数の少なさと相反するように、進学実績が群を抜いて良いのも『SAPIX』の魅力だ!( ー`дー´)



これらの事情を総合的に勘案すれば、小3からは『SAPIX』に通塾するというのも、案外「あり」なのかも知れない。


これなら、ピアノ教室にも通い続けることができるし!(´∀`)


くららmamaの独断で『SAPIX』に決めようかとも考えたが、念のために、くららたんにも相談してみた。


(実際に塾に通うのは、くららたんだしね)


すると、くららたんは、


「え?、私は『早稲アカ』がいい。もう慣れたし、授業は面白いし(*ˊᵕˋ*)」


と即答!



ここは、子供の気持ちを尊重すべき局面だろうか、それとも、親がリードして導いてあげるべき局面なのだろうか。



そんなことを無際限に考えながら、くららmamaの長い夜は更けていったのだった…🌙*.。★*゚


1574346937383


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
→毎日悩んでいるくららmamaに、愛のクリックをお願いします!

このページのトップヘ